バックナンバー
『たけの波瀾万丈ドンと来い!』6月28日(月)第692号【意外!スピーチのNGフレーズ】(2)
配信日時:2021/06/28 07:10
6月26日現在1492名の読者さまへ贈る

『たけの波瀾万丈ドンと来い!!!』

~毎朝7:10に配信中~ 



このメルマガは

脳梗塞の後遺症で

たくさんの障害を頂いた「たけ」が、

それでも

前向きになって、

幸せになる生き方や考え方と

『日替わり言霊』と共に

毎朝贈らせて頂いています。


たけ(河村武明)



~~~~~


##__[お名前]__##さん

おはようございます!


今日も7:10に##__[お名前]__##さんと

繋がっていることに喜んでおります。

ありがとうございます!



◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


   個展のお知らせ


◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆




コロナで2回延期になった老舗、日本橋高島屋の個展が決定しました!!

これもたけは期間中ずーっと居ますので、関東の方々遊びにお越しください


◆8月25日(水)~31日(火)

日本橋高島屋 本館5階
https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/




◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


 日替言霊と本日のメルマガ


◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


「棒読み・棒立ち」のスピーカーが

会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える

『世界最高の話し方―1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 

「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール 』


岡本 純子  (著)  の続きです。




ボクも「謝りすぎ」「へりくだりすぎ」の

【NGフレーズ】を多用したスピーチ・講演をしてました。


無意識に【NGフレーズ】を使用していました!

特に「させていただきます」を多用している。



「緊張しております」

「つまらない話で申し訳ございません」

「〇〇についてお話させていただきたいと思っております」


というフレーズもよく使われがちですが、

このフレーズもNGです。



別のNGフレーズを引用します。



【NGフレーズ6】


「本日ご紹介した〇〇について、ご理解いただけますと幸いです」


理解は、頼み込んで得るものではなく、みなさんの言葉の力で、結果的に勝ち取るものです。


「理解してくれ」と頼むこと自体、きちんと説明・説得できていないという気持ちの表れということになるでしょう。




【NGフレーズ7】


「はなはだ恐縮ではございますが…… 」

「はなはだ簡単ではございますが…… 」

「僭越ではございますが…… 」




ズバリ、言い回しが古臭く、聞き手の心を1ミリも動かしません。




定型句だからといって、必ず使わなければならないということではなく、

時代や聴衆のニーズに合わせて、躍動感のある「生きた言葉」をもっと使っていきたいものです。




【NGフレーズ8】



「ご清聴ありがとうございました」



これも、慣用句のひとつ。


「聞いてくださってありがとうございます」という礼儀正しい言葉ですが、

冒頭によく使われる「本日はお招きいただきありがとうございます」と合わせて、

場をもたせる「つなぎ言葉」になってしまっているように感じます。



本当にお礼の気持ちをのべたいのであれば、儀礼的に言うのではなく、

気持ちを込めていったほうが伝わります。



「今日は、このような席でお話することができて、本当にうれしいです。みなさん、ありがとうございます!」

であるとか、

シンプルに「ありがとうございます!!」といったように「自分の言葉」で伝えることが大切です。




ほかにも、日本の挨拶・スピーチあるあるといえば、「日本経済は~」という「時事解説」もつきものです。




聞き手にとっては、「いや、そんなの知っているし……」とか「興味ないし……」のどちらかがほとんどなのに、

なぜか、それを入れないといけない、と考える人は多いようです。




これに限らず、日本の挨拶やスピーチには、「車内アナウンス」同様、

定型句化して使われている言葉・慣用句が非常に多いわけです。



「それを言っておけば無難だろう」というリスク回避志向の表れかもしれませんが、

そのおかげで「伝わらない、刺さらない」話が量産され、多くの人の貴重な時間が無駄になっています。



顔や個性を出しづらいメールや手紙などは、

多少、かしこまった物言いになってしまうのは致し方ないとしても、

お互いの顔を見ながら話をする場面では、事前に用意した原稿ではなく、

「自分の言葉」で気持ちを伝え、相手との距離を縮めていきたいものです。



「話し方の常識とスキル」もアップデートしよう

話し言葉は徹底的に「会話調」のほうが響きやすいのですが、

日本では話し方のノウハウが普及していないがために、

スピーチなども「書き言葉調」「文語調」になりがちという側面があるかもしれません。




英語では、陳腐な言い古された言葉を「cliche(クリシェ)」と言いますが、

「古びた言葉」や「その人の素の姿や個性の見えない話し方」ほど、

興ざめなものはないわけです。




情報環境が激変する現代において、話し方も昭和のままでいいはずがありません。

「話し方の常識とスキル」も抜本的にアップデートするべきときが

来ているのではないでしょうか。


~~~引用ここまで~~




岡本 純子 さんは

日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、

「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、

これまでに1000人の話し方を変えてきた人。



とてもいい本です。勉強になりました。


話し方も昭和のままでいいはずがありません。


ボクも「話し方の常識とスキル」もアップデートしよう




*****


もしこのメルマガが面白い!と思っていただけたら、

あなたの友人にもおススメいただけると嬉しいです!

「真剣」で毎朝 7:10 配信してます!

◆『たけの波瀾万丈ドンと来い!!!』◆

↓↓↓
https://a19.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=78&g=19&f=37
以上のフォームにご登録頂くと明日からこのメルマガが届きます!

※バックナンバーはこちらから
https://a19.hm-f.jp/index.php?action=BN&gid=19&aid=78


====================

【メルマガ愛読者さまに、お願いがあります】

「メルマガが最近届かなくなりました」
「迷惑メールフォルダに入っています」

このような悲しき連絡を、最近、
いただくようになりました。

この事態を回避する方法は、ただ一点。

「このメルマガは大丈夫だよ」
と設定してあげることです。

その方法は、いたって簡単。
1クリックでできる場合もあります。

ぜひ、設定くださいませ。お願いします!

●メール振り分け設定法
https://kandokeiei.com/Lb4336/32741




◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


 たけちゃんの有料メルマガ


◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆



週1回発行しているFoomiiの有料メルマガ

『ボクもわかった宇宙の法則~感謝のチカラが不可能を可能にする~』

https://foomii.com/00162


1週間の『たけの波瀾万丈ドンと来い!!』を一つにまとめて

画像付きの集大成です。ご覧ください。



◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


  月刊誌『宇宙の理』 
 

◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


ご一緒に宇宙の法則を学びましょう!

http://the-cosmology.com/

会員費 1年間1万円 月刊誌『宇宙の理』 

霊界通信もあり、この星でただ一つしかない月刊誌です。



~~~



今日一日、「ありがたい」と思われることを1つでも2つでもみつけましょう。


人間が「ありがたい」と思ったら宇宙創造神様に繋がることになります。


この宇宙の中で##__[お名前]__##さんは


かけがえのない存在なのです。




じゃ、今日もはりきっていきましょう!






最後までお読みいただき

ありがとうございました

合掌 たけ(河村武明)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行者:河村武明 / 表現画房たけ
┃
┃ 〒6170815 京都府長岡京市うぐいす台99-1
┃
┃■公式HP「たけの世界」https://www.hyougensya-take.com/
┃
┃■お問い合わせ先 webmaster@hyougensya-take.com
┃
┃■ショッピングサイトBASE「たけの世界」 https://hyougensya.buyshop.jp/ 

┃■LINE@「たけの世界」 https://line.me/R/ti/p/%40mkj4208e
┃
┃■YouTube「たけの世界」https://www.youtube.com/channel/UC9RB_AHqgb1o8uPoGhXZd0A?sub_confirmation=1
┃
┃■あなんに住んでみんで? https://www.anan-iju.com/
┃
┃■阿南移住ブログ https://tokushima-iju.jp/database/blog/anan/
┃
┃たけは阿南ふるさと大使です


※解除はこちらからhttps://a19.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=78&g=19&f=3