バックナンバー
『たけの波瀾万丈ドンと来い!』3月9日(火)第582号『優しい言葉~JALのアカネさん~』 』
配信日時:2021/03/09 07:10
3月9日現946名の購読者さまへ贈る

『たけの波瀾万丈ドンと来い!!!』

~毎朝7:10に配信中~ 



このメルマガは

脳梗塞の後遺症で

たくさんの障害を頂いた「たけ」が、

それでも

前向きになって、

幸せになる生き方や考え方と

『日替わり言霊』と共に

毎朝贈らせて頂いています。


たけ(河村武明)



~~~~~


##__[お名前]__##さん

おはようございます!


今日も7:10に##__[お名前]__##さんと

繋がっていることに喜んでおります。

ありがとうございます!



◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


 日替言霊と本日のメルマガ


◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


『見返りを期待することなく、

誰にでも親切にすること。

いつかきっと誰かがあなたにも

同じことをしてくれるかもしれません』


~ダイアナ妃~


##__[お名前]__##さん

誰かの優しい言葉に

救われた経験がありませんか。


19年前の

2件目のリハビリテーションセンターにいた話です。



無職で重い障害者になったボクは、

「表現者になって生活する!」と

入院中に関わらず、路上販売していた。


必死だった。


ある日、看護師さんが病室にある

自作のポストカードを見てくれた。


「前向きの詞がいいね」とそんなコトバを期待した。



でも、

この看護師さんに言われた一言に

涙が止まらなくなったのです。



「すごく苦しかったね」



深い絶望の気持ちを理解してくれたようで、

この一言だけで救われた気がしました。



以来、ボクは人にかけるコトバは

相手の現状をを受け入れ

肯定する言い方をするようにしています。



人は優しい言葉に救われる。



これはJALマイレージバンクの事務局のアカネさんの話です。


『翼がくれた心が熱くなるいい話 志賀内泰弘』

(PHP研究所)から引用します。


~~~~


アカネが配属されているJALマイレージバンクの事務局に、

今から30分ほど前の午後5時12分、その電話はかかってきた。


「あの…、マイレージのことで相談に乗っていただきたいのですが…」


それは年配の女性の声だった。


「はい、どのようなご用件でしょうか」

「マイレージの名義を夫から変更したいのです」

「と申しますと…」

「夫が亡くなりまして」


「それは… ご愁傷(しゅうしょう)さまでした」


こうアカネが答えると、女性は沈黙してしまった。


「お客様、どうかなさいましたか」

「いいえ、なんでもありません。大丈夫です」


アカネは、その女性が「大丈夫です」と口にしたことがかえって気になった。


「それでは恐れ入りますが、

まずお客様のご主人様のお名前を教えていただけますか?

もし、お手元にマイレージカードがございましたら、

お得意様番号をお知らせください」


「はい、はい。…ええと」


アカネは、普段どおりに

相続手続きの方法について説明をした。



遺産分割協議書などの書類をすでに作成しているかなどを訊き、

印鑑証明の添付が必要な旨を説明。

もし、それがなければ、こちらから相続手続きに

関する所定の用紙を送付することを告げた。



女性は、その間、ほとんど頷(うなず)くかのように

聞くだけ一方といった感じだった。

それが、一層、アカネには不安に感じられた。


「お手数ではございますが、よろしくお願いいたします」

「はい」

「それでは、奥様、どうぞお身体を大切になさってください」


そう言って、アカネが電話回線のスイッチを切ろうとしたそのときだった。


「ぐっ」


言葉にならない、ため息のような、

いや、嗚咽(おえつ)にも似た声が聞こえた。

アカネは、思わず問いかけていた。


「どうかなさいましたが、お客様」

「うう…」

今度は、明らかにそれが泣き声だとわかった。

「お客様…」


何か自分は悪いことを口にしてしまったのだろうか。


この5分間ほどのことが頭の中を駆け巡った。

通常の業務内容、ありきたりの会話だったはずだ。


「お客様、大丈夫ですか?」


一拍おいて返事があった。


「ごめんなさい。嬉しかったものだから…」


(え!? 嬉しかったですって?)


女性は、続けてこんな話をしてくれた。問わず語りに。


3ヶ月ほど前、30年近く連れ添った夫を亡くした。

もうすぐ定年。

「時間ができたら、思い切って海外旅行へ行こうよ。

それも、できたらヨーロッパのどこかの町に長期ステイがいいな」

と話していた矢先のことだった。


ご主人は、商社に勤めていたという。

そのため、海外出張が年に10回以上。

家を留守にすることも多かった。

「悪いな」と言いつつ、子育ては妻任せ。


「苦労のかけ通しだったな」と口にはするが、

会社がすべてのような人だったという。

それだけに、二人でヨーロッパへ行くというのは夢のような話だった。


ところが…

会社から、夫が出張先の札幌のホテルで倒れたという知らせが入った。

心筋梗塞だった。


一人で出張だったので、救命処置が遅れた。

ホテルの人が気づいたときには、心肺が停止していたという。

そして、そのまま帰らぬ人となってしまった。


呆然とした。


しかし、悲しむ時間さえも許されなかった。

亡骸(なきがら)を家まで運ぶ手続き。

通夜と告別式の準備。

会社の人たちが主になって動いてくれたが、

喪主としてただ座っているわけにはいかない。


病院への支払い。

区役所への死亡届と埋葬許可証の申請。

次から次へと訪れる弔問客は、知らない顔ばかりだった。


疲労困憊(ひろうこんぱい)で葬儀を終えた後、

寂しさに襲われた。


ひと月が経ち、ちょっと落ち着いた頃、

預貯金や株式、自宅不動産などの名義変更の手続きを始めた。


これが、なんともやっかいだったという。

銀行も証券会社も、提出する書類の多いことに参った。


「これでいいはず」と持っていく。

ところが、あれが足りないこれが足りない…

と何度も追加や訂正を迫られた。



血が通っていないというか、

お役所仕事のような冷たい対応だった。



他にも区役所の住民課、国民健康保険、国民年金課、

そして社会保険事務所、税務署などへ毎日のように通った。


おおよその相続、名義変更の手続きが終わったとき、

ふと頭に浮かんだのが、夫と約束していたヨーロッパ旅行のことだった。


海外出張が多かったので、マイレージがずいぶんたまっていたはず。

夫も、それをあてにして算段していたはずだ。


夫のカード入れを探すと、JALのマイレージカードが出てきた。

思い切って、カードの裏面にある番号に電話をした。

そこで出たのが、アカネだった。


そしてまた、他の役所や銀行と同じような型通りの会話が始まった。



「またか」と思った。



どこもかしこも、無味乾燥なマニュアル通りの言葉。


仕方がない、この人もそれが仕事なのだ。


そう思いつつも、心のどっか片隅に憤(いきどお)りと

悲しみが混在してむなしくなった。



「お手数ではございますが、よろしくお願いいたします」


と言われ受話器を置こうとした、その瞬間だった。


耳元から、やさしい声が伝わってきた。


「それでは、奥様、どうぞお身体を大切になさってください」




「先ほどね、電話に出られたとき、

いの一番に『ご愁傷さまでした』っておっしゃったでしょう。


そしてね、今さっき、あなた『お身体を大切に』って。

わたしね、この3ヶ月で一番嬉しかったんですよ、その言葉が。


だって、銀行へ行っても、区役所へ行っても、

誰一人そんなやさしい言葉をかけてくれた人はいませんでしたから…」



「ごめんなさいね。わたし、涙が止まらないの」

そう言う女性の声は、ずっと震えていた。




◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


 たけちゃんの有料メルマガ


◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


週1回発行しているFoomiiの有料メルマガ

『ボクもわかった宇宙の法則~感謝のチカラが不可能を可能にする~』

https://foomii.com/00162


1週間の『たけの波瀾万丈ドンと来い!!』を一つにまとめて

画像付きの集大成です。ご覧ください。




◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


 たけちゃんのVRビジネス


◆◆◆◆*◆◆◆◆*◆◆◆◆


もし

アマゾンが自宅のガレージで数冊の古本で

ビジネスを始めたばかりの頃に


「アマゾンを広げるの協力して!

売上の何%を##__[お名前]__##さんに還元します」


と創業者のジェフ・ベゾスから言われたら、

どうでしょうか


(Amazonの2020年売上は3860億ドルで日本円で41兆円。

EC(Eコマース)の商品の数は4800万以上)



今


その情報を

##__[お名前]__##さんがキャッチすることが

できたらどうでしょうか



たけはそんなブルーオーシャンの情報を持っています。


世界レベルの商品でプラットフォームを創り、

世界で通用する最大のダイレクトセールスを

築き上げていく会社の情報。



たけも2020年6月、始まったばかりの

この会社のインフルエンサー。



長期的な権利収入を生み出し、

安心して生活が確保できる収入プランが

あるから、いま、集中的にやっています。




チャンスの扉が開いていることを

気づけたとしても

「そんなことあるはずがない」

「どうせ私はできない、うまくいくはずがない」

大チャンスをスルーしているのです、

ほとんどの人は。




だからブルーオーシャンなのです。





チャンスを掴むなら、

興味があれば、

たけのラインまで連絡ください!



https://line.me/ti/p/NQk6KXF_0i



世界初サングラス型VRデバイスが

販売開始するこの4月が

最高のタイミングです




~~~


あと55人で登録者1000人!

もしこのメルマガが面白い!と思っていただけたら、

あなたの友人にもおススメいただけると嬉しいです!

「真剣」で毎朝 7:10 配信してます!



◆『たけの波瀾万丈ドンと来い!!!』◆

こんな話を喜んで頂きそうな方にお教えてください。
↓↓↓
https://a19.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=78&g=19&f=37
以上のフォームにご登録頂くと明日からこのメルマガが届きます!

※バックナンバーはこちらから
https://a19.hm-f.jp/index.php?action=BN&gid=19&aid=78



~~~~



今日一日、「ありがたい」と思われることを1つでも2つでもみつけましょう。


人間が「ありがたい」と思ったら宇宙創造神様に繋がることになります。


この宇宙の中で##__[お名前]__##さんは


かけがえのない存在なのです。




じゃ、今日もはりきっていきましょう!






最後までお読みいただき

ありがとうございました

合掌 たけ(河村武明)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■発行者:河村武明 / 表現画房たけ
┃
┃ 〒6170815 京都府長岡京市うぐいす台99-1
┃
┃■公式HP「たけの世界」https://www.hyougensya-take.com/
┃
┃■お問い合わせ先 webmaster@hyougensya-take.com
┃
┃■ショッピングサイトBASE「たけの世界」 https://hyougensya.buyshop.jp/ ┃ ┃
┃■LINE@「たけの世界」 https://line.me/R/ti/p/%40mkj4208e
┃
┃■YouTube「たけの世界」https://www.youtube.com/channel/UC9RB_AHqgb1o8uPoGhXZd0A?sub_confirmation=1
┃
┃■あなんに住んでみんで? https://www.anan-iju.com/
┃
┃■阿南移住ブログ https://tokushima-iju.jp/database/blog/anan/
┃
┃たけは阿南ふるさと大使です


※解除はこちらから
https://a19.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=78&g=19&f=38